林 英哲

太鼓奏者

林 英哲(はやし えいてつ)

林 英哲(はやし えいてつ)

「佐渡・鬼太鼓座」「鼓童」の創設に参加。11年間のグループ活動の後、1982 年ソロ活動を開始。1984年、初の和太鼓のソリストとしてカーネギー・ホールにデビュー。現代音楽の分野でも国際的に高い評価を得た。2000年にはドイツ・ワルトビューネでベルリン・フィルと共演、2万人を超える聴衆を圧倒させた。

日本はもとより全世界での交響楽団と共演多数。日本の伝統にはなかった大太鼓ソロ奏法の創造、多種多様な太鼓群を用いた独自奏法の創作など、前例のない太鼓ソリストという分野を開拓し、新しい音楽としてのオリジナルな太鼓表現を築きあげている。外務省・国際交流基金・文化庁などから国際友好・交流年には、日本の太鼓音楽、文化紹介のための大型派遣も多い。国境、ジャンルを越えて今なお新たな創作活動に取り組み、広く国内外で活躍中。2016年は演奏活動45周年、17年はソロ奏者として35周年を迎えサントリーホールで記念公演を開催した。

創作太鼓のための委嘱作品なども多く作曲、指導。CD、DVD、ビデオ多数。著書に、増補新装版「あしたの太鼓打ちへ」(羽鳥書店)2017年10月発売。書き下ろし自伝「太鼓日月〜独走の軌跡」(講談社)、その他雑誌等に原稿掲載多数。97年芸術選奨文部大臣賞、01年日本伝統文化振興賞、2017年松尾芸能賞大賞を受賞。東京藝術大学客員教授、筑波大学大学院非常勤講師。

http://www.eitetsu.net/

英哲風雲の会

日本各地で活躍する若手太鼓奏者の中から、林英哲の音楽に共鳴する実力者が揃う太鼓ユニット。1995年、林英哲作曲の大太鼓合奏曲『七星』の演奏のために結成。その後、林英哲コンサートのアンサンブルメンバーとして活動する他、独自の演奏活動も行う、いずれも次世代を担う俊英たちである。2007年は林英哲ソロ活動25周年記念公演でオーケストラとの初共演を果たし、その後もドイツをはじめ海外でも林英哲と共にオーケストラと共演している。2012年、国立劇場主催『日本の太鼓』公演で、林英哲監修の元、『光の群像』と題しメンバー創作曲中心でトリを務めるなど、「英哲風雲の会」単独で国内外で活動の場を広げ、その圧倒的な迫力とライブパフォーマンスは大反響を呼んでいる。今回のコンサートではメンバーの中から、上田秀一郎、はせみきた、田代誠、辻祐が出演する。